呼吸はヨガでは大切な要素ですが、ポーズや流派によって呼吸法は様々です。

ここでは「胸式呼吸」についてご紹介します。

肋骨の前進後退運動で肺を圧迫し、空気を出し入れする呼吸方法が胸式呼吸です。

胸式呼吸の特徴は、姿勢がよくなることです。

胸で息を吸おうとすると、体が肋骨を引き上げようとするので、胸が自然と張ります。

このとき、肩甲骨のまわりを固めず、肩に力が入らないように背中も広がるイメージを保つことがポイントです。

そうしないと、背中全体が反りすぎて、腰椎に負担をかけることになります。

猫背の状態ではあまり息を吸い込めないので、意識しないと姿勢が悪くなりがちなところを、胸で息を吸うと姿勢が自然に矯正される効果があります。

また、肋間筋などの胸の筋肉がストレッチされるため、胸のあたりがスッキリし、心身ともにシャキッとすることにもつながります。

それゆえにストレス解消の効果もあると言えます。